« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

Halloween

早いもので、今年もHalloweenがやってきました。

 

我が家のハロウィン飾り、今年はこんな感じ。

 

0514

お気に入りのカボチャランプにゴディバのハロウィン柄のチョコ。

ジャムはいただきものがちょうどカボチャっぽかったので。(中身は杏ジャム(笑))

 

で、その上にあるのが、これも私のお気に入りの…

 

0515

「コープス・ブライド」フィギュア3点セット。(^^)

 

映画の内容でいうと「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」なんでしょうけど、おばけつながりってことで。(^^)

 

<sun>

| | コメント (0)

違和感

先日の薩摩藩邸めぐりの時に訪れた麻布の善福寺。

 

実はお寺に入ろうとする時の最初の景色はこんなです。

 

0512

まるで、門がビルを背負っているよう…。

 

うーん、違和感ありありで、なんだか残念な感じ。

 

京都が建設を規制してるのも、こういうの見ると分かる気がします。

 

来年取り壊しの決まっている銀座の歌舞伎座も、1階は今の雰囲気のままですが、その純日本的屋根の上に高層ビルを背負う形になるんだとか。

 

改築できないほど老朽化してるっていうんだから仕方がないにしても、昔の街並みが消えていくのは淋しいものですね。

 

そんな思いを抱きつつ、来週、取り壊し前の歌舞伎座に「仮名手本忠臣蔵」を観に行く予定です。(^^)

 

<sun>

| | コメント (0)

薩摩藩邸めぐり4

秋晴れが気持ちいいですね。

この秋始まったドラマで一番楽しみに見ているのは、皆さんご想像の通り「JIN~仁」ですよん。内野さん演じる竜馬が、なかなかいい感じですよね~。(^^)

 

私もお江戸に行きたいなぁ、1日だけでいいけど。(笑)

 

 

少し間があいてしまいましたが、お江戸薩摩藩邸めぐりの最終章です。

 

久しぶりなので、今回のコースをもう1度ご紹介。

 

 

たいやきの浪花家さん前の道を南に下ると右手に麻布の善福寺が見えてきます。

 

0500

お彼岸だったので、あたり一面にお香の香りがしてました。

 

このお寺は、伊豆に上陸していたアメリカ公使ハリスが江戸入りを認められた際、公使館兼宿舎として使われた場所です。

 

0501

門をくぐってすぐのところに、その碑があります。

 

0502

「初代米国公使館祉」

その上は、「本邦 駐劉」と見えます。

「本邦」は“我が国”。

で、「駐劉」は“駐留”のことかな?

 

ハリスの通訳だったヒュースケンは、ここに戻る途中で暗殺されてしまったのですよー。(; ;)

 

そして善福寺でもう1つ有名なのがこちら。

 

0503

樹齢がなんと750年という都内で最大の大イチョウ。

 

天然記念物にも指定されているそうで、別名「逆さイチョウ」

 

0504

その由来がこれ。

根の部分が地上に盛り上がり、枝が下に伸びています。

 

ただ残念ながら空襲で焼けてしまい、中は黒こげで空洞になっています。

でも、そこから今の姿まで復活したなんてすごいですねぇ。

 

そして、善福寺でもう1つ忘れてはいけないのが…

 

0505

福沢諭吉先生のお墓です。

 

この日もいろんな方がお参りに来ていました。

 

実はこの福沢先生のお墓、2番目のものなんです。

 

亡くなって最初に埋葬されたのは上大崎で、亡くなって76年経った1977年、このお寺に移すことになりそのお墓を発掘したところ、なんと!

 

福沢先生の体がきれいなミイラになって残っていたんだとか!!

 

当時ちょっとしたニュースだったようです。

偶然、低音で地下水の中に保存されていたのがその理由。

 

その姿のまま保存する、とか、解剖する、とかいろいろ案が出たらしいのですが、ご遺族の強い希望ですぐ荼毘にふされてここに埋葬されたんですって。

 

どこかに記録は残っているのでしょうか…。すごすぎる話です。

 

さてさて、善福寺を出て右へ行くと、先程の道に戻ります。

(日向坂~二の橋を渡った先の道)

 

その坂を上っていきます。

0506

善福寺横のこの道は仙台坂。

 

名前の由来は善福寺の反対側、現在の韓国大使館あたりに、仙台伊達藩の屋敷があったから。

 

そして仙台坂を上りきった先の下り坂は…

0507

北条坂。

北条坂の南側が有栖川宮記念公園で、有栖川家の御用地だったところです。

 

公園のあたりは、もともと浅野家の下屋敷があった場所で、明治になってから有栖川家の御用地になりました。

皇女和宮の元いいなずけで、戊辰戦争では大総督だった有栖川宮熾仁親王が晩年をすごす予定でしたが、ここに移る前に亡くなってしまったんだとか。

 

いやぁ~、東京もホントに歴史がいっぱい埋まってますね。

  

その北条坂を下ると外苑西通り。

外苑西通りを渡った先には江戸末期の古地図と同じV字カーブが残っています。

 

0513

ね?(^^)

よく区画整理されずに残っていたなぁと感動。

古地図の右の方には北条坂の由来となった「北條遠江守」のお屋敷も見えてます。

 

このV字を曲がった先の上り坂が堀田坂で、幕末、幕府の老中だった堀田正睦の佐倉藩屋敷があった場所。

今は、広尾ガーデンヒルズが広がっています。

 

三田からず~っと、このあたりは武家屋敷が並んでいたことが坂の名前見るだけでもよく分かりますね。

 

堀田坂を上りきり、東京女学館横の坂を下った「東四丁目」の五差路を渡ったところにあるのが常陸宮邸。

 

その敷地沿いの坂の上に「常盤松の碑」というのがあります。

0509

ここがこの日のゴール。

幕末当時、このあたりに薩摩藩の渋谷の下屋敷があって、篤姫もここから江戸城に輿入れしました。

 

かつて敷地内に「常盤松」という樹齢400年の立派な松があったそうで、この碑は薩摩藩士が建てたもの。

これで薩摩の三田藩邸から渋谷の下屋敷までのお江戸散歩は終了!

古地図とほぼ同じルートで歩いてきたので、江戸時代、薩摩の人も同じルートで往復してたはず。

距離にして、たった7キロ、のんびり4時間ほどの道のりですが、ホントに盛りだくさんで楽しかった~♪

 

 

さらにこの日は、常盤松の碑の目の前にある渋谷区郷土博物館に寄って帰ってきました。

渋谷の変遷を写真で見ることができて、ここもノスタルジックにひたるにはオススメです。(^^)

 

今度はどこへ行こうかなー。

 

<sun>

| | コメント (2)

Beatles Night

5日は大切な人の命日で、Ozierの先輩が大学時代のサークル仲間との同期会を開いてくれました。

 

0510

彼のギターでBeatles Night。

 

久々の音楽談義も楽しかったです。(^^)

 

<typhoonsun>

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »